短小ってなに?短小の原因について徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「よく聞く短小って実際どういう基準なのか?」

気になる方も多いと思います。

特に日本人の多くは短小と聞き、「もしかして自分も短小なのでは?」とペニスを見て悩んだりしたことがある人もいるでしょう。

そこで今回は短小の基準や原因について解説していきたいと思います。

 

短小の基準はどのくらい?

日本人男性の平均ペニスサイズからの算出

日本人の男性の平均サイズは勃起時の計測で12.9cmです。

ですので、人によってはこの平均サイズ以下であれば「短小」と考える人もいるでしょう。

女性の膣の最深部に届かない

人によって違いはありますが、女性の膣の最深部までの長さはだいたい10cm前後といわれています。

ですので、10cm以下の場合、最深部に届かない可能性があり、いくら頑張っても、女性からは残念なペニスとみられてしまいます。

女性の目線からすると10cm以下は短小と思われる可能性が高いですね。

マイクロペニスといった病気も存在する

マイクロペニスは病気なので、医学的な基準となります。
成人男性で勃起時9.4cm以下のペニスが「マイクロペニス」に認定されています。

マイクロペニスという病気があること自体あまり知られていませんが、小さいからといってあまり他人をからかうことはやめておきましょう。

落ち込む度合いも半端ないので・・・

 

短小の原因とは!?

体質が関係している

チンコが小さい原因の多くは体質が原因である場合がほとんどです。

体質が原因と言ってしまうと多くの人は、大人になってからでは大きくならないから諦めるしかないと考えてしまうかもしれませんが、実は大人になってからでも大きくすることは可能です。

体質が原因といってもチンコの成長に必要な栄養素が生成されにくい状態というだけで必要な栄養素をきちんと摂取すればペニスは大きくできるのです。

筋力不足が原因でペニスが小さい

ペニスは、海綿体細胞と呼ばれる細胞と、下腹部からつながる筋肉で構成されているため、太っていたり、下腹部の筋力が弱い人は、筋肉の強さによる太さ・力強さが足りず、ペニスが小さくなる傾向にあります。

筋力不足が原因の場合は、下腹部からつながる筋力を強化することでチンコが大きくなり、勃起したときのチンコの硬さ・力強さも激的に変化しますよ。

包茎もペニスが小さい原因のひとつ

包茎とは、簡単に言うと亀頭に皮(包皮)がかぶっている状態のことです。

包茎にもいろいろタイプがあり、
仮性包茎:通常時は亀頭が半分くらい出ていて、勃起時は皮が完全にむける状態
・真性包茎:通常時も勃起時も皮が完全にかぶっていて、亀頭が全く出ていない状態
・カントン包茎:包皮の口が狭く、勃起すると亀頭を締め付けてしまう状態
とありますが、包茎だからといってペニスが小さくなるわけではなく、皮が半分以上むけているような軽度な仮性包茎なら、ペニスの成長にはほとんど影響を与えません。

残念ながら、皮が亀頭に半分以上かぶっている仮性包茎や、完全にかぶっている真性包茎の場合は、包皮が亀頭の成長の妨げになってしまい、ペニスが成長しずらくなってしまいます。

 

まとめ

短小の基準や原因についてみていきましたがいかがでしたでしょうか?

中には「これ自分にあてはまるかも」といったものあったかもしれません。

短小で一番つらいのはやはりパートナーとのSEXで気持ち良くしてあげられないことだと思います。

ですが、ペニス増大サプリなどの活用でサイズアップできるので、あきらめずにペニス増大サプリを検討してみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。