オナニーの次の日、疲れるなら要注意!!原因と対策法を紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


男ならオナニーして気持ちよくなりたいときってありますよね?

でも、オナニーの後や次の日、予想以上に疲れてしまって「こんなに疲れるならしなきゃよかった」と思うこともあり、どうせするなら気持ちよく、次の日もそうかいな気分で過ごしたいですよね。

そこで今回はオナニーの次の日に疲れる原因と疲れないための対策についてお伝えしていきます。

オナニーで疲れる原因の大半は「体力」

実はオナニーをするだけで100m走をしたのと同じくらいのエネルギーを使用するそうです。
※研究者によって諸説ありますが、

疲労の原因はやはり「体力」がなかったり、疲労状態でオナニーをしてしまい、疲労がさらに蓄積した状態で次の日を迎えるケースが多いです。

それほど疲れていない状態でオナニーをして疲れるようであれば、単純に体力がないので体力増強に取り組んだ方がいいでしょう。

体力増強にはジョギングやランニング、スイミングなどの有酸素運動が効果的です。

ジョギングやランニング、スイミングがおすすめですが、場所などに制約があるため、忙しくてできないという人はエアロバイクでも大丈夫です。

エアロバイクなら家でテレビやスマホを見ながらでもできますし、足の筋肉強化にもなるのでこちらもおすすめですよ。

栄養不足にも注意が必要!

オナニーで疲れる原因の中には必要な栄養素の不足が影響している場合もあります。

ここでは、オナニーに関連した栄養素で不足しがちなものを紹介します。

ビタミンB群

テレビなどでもかなり取り上げられているビタミンB群ですが、具体的には疲労回復に効果があるようです。

豚肉などに多く含まれているため、トンカツや生姜焼きなど普段から意識して食事に取り入れていきたいですね。

外食が多くそんなの気にしてられないよ、という方はサプリなどでの摂取を考えてみましょう

亜鉛

ビタミンB群より気にした方がいいのがこの「亜鉛」という栄養素です。

亜鉛は体内で生成できないため、ほぼすべてが食事などの食べ物からの摂取となります。

また、精液のほとんどは亜鉛で構成されているのでオナニーをして射精すると体内から亜鉛が減ってしまいます。

さらに亜鉛は体内でも重要な働きをしており男性ホルモンの分泌にも関係しているため、不足すると疲労がたまりやすくなるため注意が必要です。

最近朝勃ちしないなと感じている方は亜鉛の摂取をしていきましょう。

牡蠣(カキ)に多く含まれていますが、毎日、牡蠣(カキ)を食べるのは大変ですよね。

そのため、この亜鉛の摂取に関しては楽でお手軽に試せるサプリを活用した方がいいでしょう。

 

睡眠をとる直前のオナニーは睡眠の質にかなり影響するのでNG

多くの人が夜寝る直前にオナニーをする場合があると思いますが、実は寝る直前のオナニーが寝起きに影響するってことをあなたはご存知でしょうか?

寝る直前のオナニーが睡眠に影響を与える理由としては、オナニーをすると交感神経が優位になってしまい、体が活動しているときの神経をよく使う状態になるからです。

そのため、オナニーが終わって寝ようと思ってもなかなかリラックス状態に持っていけず、睡眠の質が落ちてしまい、結果、寝起きが悪いというサイクルになってしまいます。

夜、オナニーをしたくなった場合は、寝る2時間以上前に済ませておくと睡眠の質に影響がでないので2時間以上前にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。