成分

シトルリンの基本から効率的な摂取の仕方について

 

シトルリンとは

1930年に日本のスイカから発見されたアミノ酸の一種で尿素回路を構成する化合物のひとつです。
 
シトルリンの名前の由来はラテン語の「citrullus」に因んでつけられました。
 
シトルリンはアミノ酸の一種ですが、その中でも遊離アミノ酸と呼ばれ、必要とされる場所で活躍するスーパーアミノ酸です。
 
シトルリンはゴーヤーやスイカなどの瓜科の食べ物に多く含まれています。

 

L-シトルリンとは?シトルリンとの違いについて

アミノ酸には原子の配置の違いによって「L型」と「D型」、「DL型」が存在し、L型は人の体で働くアミノ酸でD型は人の体では働きません。
 
ですので、L-シトルリンのLはアミノ酸のL型を表すLです。
 
男性サプリによっては「シトルリン」と表記されている場合と「L-シトルリン」と表記されている場合がありますが、基本的にどちらもシトルリンについての表記になるのでこの違いについては気にする必要はありません

 

シトルリンの摂取で期待できる効果について

シトルリンの働きとして一番大きいのは「血管拡張作用」が挙げられます。
 
この作用により体内の血管を広げてくれるため、体内の血の巡りを良くしてくれ、血管の壁にコレステロールが付着するのを抑えてくれます
 
そして、血管を拡張する作用により、ペニスを勃起しやすくすなります
 
ペニスの海綿体の膨張により勃起しますが、血の巡りが良くなることにより、海綿体も膨張しやすくなります。
 
そのため、シトルリンが増大のための栄養素であると広く認知されているのです。

 

1日にシトルリンの摂取量の目安は?

シトルリンの1日に摂取量推奨されている摂取量は800mgとされています。

 

シトルリンが多く含まれている食べ物について

・ スイカ 180mg
・ ヘチマ 57mg
・ メロン 50mg
・ 冬瓜 18mg
・ ゴーヤ 16mg
・ きゅうり 9.6mg
・ にんにく 3.9m
出典:公益社団法人日本生化学会
 

食べ物で多く含まれているスイカだと100gあたり180mgのシトルリンが含まれているため、1日の推奨摂取量である800mgをスイカのみで摂取すると考えると1日400gのスイカを食べる必要があります。

きゅうりだと8300gとつらい計算になってしまうため、シトルリンを含んだ男性サプリや精力剤の活用も検討した方がよいでしょう

 

シトルリンが多く含まれている精力剤について

精力剤や男性サプリはいろいろな種類が多く、類似品や偽物も存在するため、選ぶだけで時間がかかってしまいます

また、増大のためにはシトルリンだけでなく、マカやアルギニンといった成分も摂取する必要があるため、バランスよく成分配合された精力剤を選択する必要があります

さらに価格の問題もあります。というのも、精力剤は基本的に1万円以上のものが主流なため、あまり精力剤選びでの失敗はかなりお財布に痛いです。

コスパがよく、かつ低価格で様々な増大に期待できる成分を含んでいる精力剤と言えば「レガリア200」が有名です。

マカは精力だけでなく健康にもいい!?

マカには高血圧を改善してくれる成分が含まれているため、マカを摂取することで高血圧改善につながるかもしれません。

高血圧で悩んでいる方は、ぜひ今回の記事を読んで参考にしてみてくださいね。

マカにはダイエット効果がある

マカには、脂肪を燃焼させる働きをする「リパーゼ」という酵素と、このリパーゼの働きを活性化させる為に必要な4種類のアミノ酸が豊富に含まれているため、死亡の燃焼やダイエットの効果があるのです。

 

マカはホルモンの働きを整えてくれる

高血圧の要因のひとつとしてストレスが挙げられますが、マカにはホルモンの働きを整えてくれたり、代謝をよくするなどの疲労回復の効果もあります。

これらの働きはストレス解消などにつながるのでストレスが解消できれば、高血圧の軽減にもつながります。

ストレス自体はよく食べてよく寝たり、遊びに出かけるなどして解消することも可能ですが、会社員で働いている人にとって食べ物で解決できれば毎日の健康につながるので楽ですよね。

 

まとめ

マカは性欲や勃起力はもちろんのこと、健康にも良い影響を与えてくれる素晴らしい食べ物です。

最近、あまり元気がないといった方にはぜひ摂取して元気をとりもどしましょう。